Googleアラート 新エネルギーニュース

新エネルギーに関するニュースを掲載

Google アラート - 新エネルギー

Google
新エネルギー
毎日更新 2017年11月20日
ニュース
中国で電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)など新エネルギー車(NEV)の普及が進んでいる。中国の主要都市では、渋滞緩和を目的にナンバー ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、石炭火力発電所から排出されるCO2を有効利用するための技術開発2テーマに着手すると発表した。この技術 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
グループ内からの輸入販売分を現地生産に切り替えることで、早くも高稼働を実現。今後も新エネルギーや自動化などをテーマに新製品を上市し競争力を高める。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、協和コンサルタンツ、アイム電機工業、前田建設工業九州工業大学早稲田大学は「相反転プロペラ式」の ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国は現在のガソリン車の生産台数に対する「新エネルギー車」の生産台数の比率を、2018年に8%、2019年に10%、2020年に12%へと引き上げるNEV(New ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
埼玉県所沢市、JFEエンジニアリング(東京都千代田区)、飯能信用金庫(埼玉県飯能市)、所沢商工会議所は13日、再生可能エネルギーを活用した新電力事業で包括連携すると発表した。2018年度に、埼玉県内初の自治体出資による新電力会社を設立。廃棄物発電や太陽光発電など、再生可能エネ由来の電力を所沢市内 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、NEDOプロジェクトにおいて、白山らが従来のn型熱電材料に対し6割以上の出力因子の性能を有する、多孔 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と福島県は22日、南相馬市浪江町に建設中の実証拠点ロボットテストフィールドを活用し、小型無人機(ドローン)やロボットの実証を行うための協力協定を結ぶ。 ロボットやドローンが活躍する省エネ社会に向けプロジェクトを進めるNEDOによる積極的な拠点の活用で、福島・ ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
前倒しを含めて5物件を販売した。自然エネルギー事業は新規稼働が寄与して80.3%増収・58.6%増益だった。第2四半期末の太陽光発電所は22カ所となった。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
新エネルギー製品の開発*飯能駅近く
新エネルギー製品の開発*飯能駅近く*の求人詳細情報です。リクナビ派遣は、人材派遣、人材派遣会社のお仕事・求人情報サイト!全国の人材派遣情報から ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
もっと見る | このアラートを編集
このメールは、Google アラートに登録していただいた方にお送りしています。
RSS このアラートを RSS フィードとして受信します
フィードバックを送信

Google アラート - 新エネルギー

Google
新エネルギー
毎日更新 2017年11月19日
ニュース
【広州(中国東南部)赤間清広】広州モーターショーが17日開幕し、国内外の主要メーカーが電気自動車(EV)など環境に優しい「新エネルギー車」の戦略モデルを発表した。中国政府は自動車各社に一定割合で新エネ車の生産を義務付ける新規制を2019年に導入する。EVの量産化が遅れれば世界最大の自動車市場で不利 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
NTTファシリティーズは17日、秩父市との間で、エネルギーを活用した地域創生に向けた基本協力協定を締結した。この協定は、それぞれが有する資源の有効活用などによる多様な連携を通じて、新エネルギー導入などの地域活性化の取組を図るのがねらい。新エネルギーの導入は、エネルギーの“地産地消”の観点から、 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と協和コンサルタンツ、アイム電機工業(北九州市)、前田建設工業九州工業大学早稲田大学の6者は11月17日、次世代海洋エネルギー発電の要素技術として、相反転プロペラ式潮流発電技術を開発したと発表した。10月17~20日に曳航試験を実施し、設計を上回る43.1% ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
トヨタ自動車は17日、中国で2020年に同社のブランドを冠した電気自動車(EV)を発売すると発表した。中国政府は18年以降、EVなど環境負荷の少ない「新エネルギー車」の一定規模の生産を自動車メーカーに義務付ける方針。トヨタもかねて量産の検討を進… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新エネルギー、3Dプリント、フレキシブル・ディスプレー、ライフサイエンス、無人運転車およびAIの分野で60点の製品が主催者、専門家および報道機関の代表者により最終候補リストに選ばれ、その後、オンラインによる公開投票が実施されました。 選ばれた以下のトップ10製品は、いずれも各分野の最先端の技術を象徴してい ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国広東省で広州モーターショーが十八日から一般公開された。中国政府が、エネルギー車の義務化へかじを切る中、中国の国産メーカーは多数の電気 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
もっと見る | このアラートを編集
このメールは、Google アラートに登録していただいた方にお送りしています。
RSS このアラートを RSS フィードとして受信します
フィードバックを送信

Google アラート - 新エネルギー

Google
新エネルギー
毎日更新 2017年11月18日
ニュース
中国の新エネ車義務付け規制 新エネルギー車(NEV)普及を促すため、メーカーに全製造販売台数のうち一定比率をNEVにするよう義務付ける規則。比率は2019年が10%、20年は12%。ただ車種の走行能力により数値が異な… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
また、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業で、大型水電解システムで1万時間超の安定稼働を実現した。再生エネルギーを水素に変換するエネルギー効率は90%で、1万kWの電気を使って常温常圧で1時間あたり2000立方メートルの水素を製造できる。これは燃料電池車が2年間、走行できる量に相当 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
また、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業で、大型水電解システムで1万時間超の安定稼働を実現した。再生エネルギーを水素に変換 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国政府は18年以降、EVなど環境負荷の少ない「新エネルギー車」の一定規模の生産を自動車メーカーに義務付ける方針。トヨタもかねて量産の検討を進め ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
新たな「新エネルギー車(NEV)規制」では、トヨタなど大手企業には年間数万台のEVやプラグインハイブリッド車(PHV)の現地での製造が義務付けられる。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国の1~10月の新エネルギー車(NEV)の販売台数は前年同期比45.4%増の49万台で、乗用車は8割増の37万台だった。中国ブランド車がシェアの上位を占め、外資大手が席巻する従来のガソリン車市場とは様相が全く異なる。NEV市場がこのまま成長すれば外資勢が劣勢に陥る恐れもあり、外資も相次ぎ電気 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
中国政府は、国内で販売するEVなどの新エネルギー車について、自動車メーカーに現地生産のノルマを課す新たな規制の導入を19年に予定するなど、環境対策 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
協和コンサルタンツ<9647.T>が後場に入って動意づき、一時14%近く上昇した。エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)はきょう、次世代海洋エネルギー発電の要素技術開発として、相反転プロペラ式潮流発電技術を開発したと発表。これが株価の刺激材料となっているようだ。 この事業では、事業全体の調整を協和 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
ウェブ
【PV】2017年度中の認定取得/接続契約期限について
各電力会社より、50kW未満の太陽光発電所において、 2017年度に認定を受けるための申込み期限について公表されております。 【北海道電力
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
もっと見る | このアラートを編集
このメールは、Google アラートに登録していただいた方にお送りしています。
RSS このアラートを RSS フィードとして受信します
フィードバックを送信